S'sWine ひとりごと過去ログ

ワインサイト「S's Wine」のブログの過去ログです。 2006年5月までのエントリーをこちらに掲載しています。最新版は、【話飲徒然草】にて更新しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
学生時代からの友人たちと、品川のイタリアン「トラットリア・イタリア」へ。リーズナブルなお値段で石窯のピザが美味しい店です。気のおけない仲間とカジュアルな料理、そうなると、ワインもかしこまったものでなく、気楽なものをカラフのような器でぐびぐびといきたいところ。いろいろとワイン遍歴を繰り返してきましたが、最近はこういうワインの飲み方をしているときが一番シアワセです。

ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェズーヴィオ2005(フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ)
DOCヴェズーヴィオは、アルコール度が12度を超えると、ラクリマ・クリスティ(キリストの涙)を名乗れます。リストには作り手が書いてなかったので、一体どんなワイナリーのボトルが出てくるのかと思いましたが、至極真っ当なところのものでした。色調は暗くてよくわからず。柑橘系果実、花の蜜、ミネラルなどの厚ぼったい香り。味わいも厚みがあるんですが、酸がそれなりにしっかりしていて、やや太めながらもダルにはなっていないところに好感が持てます。なによりもイタリアの安い白にありがちなシャバシャバ感がないのがいいですね。正直ワイン単体ではそれほど魅力を感じるものではありませんが、こういったカジュアルな食事のお供にはよろしいかと思います。
lacryma.jpg


キャンティ・クラシコ2003(メリーニ)
紫がかったルビーの色調。スミレやカシス、プラム、ハーブ、ヨードなどの香り。味わいはミディアムボディで、フローラルでクリーンな果実味があって心地よいものです。樽の要素がでしゃばらないのがいいですね。過不足なく仕上がったスタンダードなキャンティクラシコ。それほど複雑さや奥深さを期待するクラスではありませんが、実売価格を思えば、よくできていると思いますし、自宅にもデイリー用に買っておこうと思いました。こちらもリストには作り手が書かれていませんでしたが、このお店のチョイスはなかなかイケてると思いました。
melini.jpg


前菜2品、ピザを2品、パスタを2品いただき、結局メインまでは行き着けず。これだけ飲み食いしてもお値段はひとり5000円弱であがりました。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

こっちにも書き込みしました。軽くしつこいですかね(苦笑)
最近思うんです。ワインを造っている生産者は、『自分の造ったワインを楽しく呑んでもらってるのか?』と。。
ワインって、どうも見栄やブランドで飲まれてる傾向が未だに強いですよね。(私が夜の仕事をしてるから、そう感じるだけ?)
きっとshuzさんは、本当に楽しい時間を過ごされたんでしょうね。羨ましいばかりです。。
あっ…これ余談になりますが、もしかすると価格からボツになるかも?ですが、今年中にリリースされるユドロ・バイエ05は購入した方が良いですよ。
04は大変素晴らしい出来でした。
04だと村名VVとレクラ&シャルム(ボンヌマールは未飲)・05はACブルを呑み、驚きました。(参考までに、例の店のコメント参考)

  • 2007/05/22(火) 07:29:25 |
  • URL |
  • JIL@谷口 #JalddpaA
  • [編集]

ユドロ・バイエは、最近よく名前を聞きますね。いつもありがとうございます。

  • 2007/05/22(火) 22:54:35 |
  • URL |
  • shuz #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sswine.blog17.fc2.com/tb.php/514-edd06d75
このページのトップへ

Information

shuz
  • Author: shuz


Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。