S'sWine ひとりごと過去ログ

ワインサイト「S's Wine」のブログの過去ログです。 2006年5月までのエントリーをこちらに掲載しています。最新版は、【話飲徒然草】にて更新しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ゴールデンウイークも折り返し地点を過ぎましたが、みなさん如何お過ごしでしょうか?我が家は、前半カミサンが子供たちを連れて実家に遊びに行っていたのと入れ替えで、後半は私が子供たちを連れて千歳烏山の実家に来ています。
昨日はみなで井の頭公園に行ってきましたが、GWだけあって、すごい人出でしたよ。子供たちがうじゃうじゃ。(^^;
ちなみにかぐや姫の歌でも有名な「神田川」の源流って、井の頭池なんですよ。都内在住の方でも知らない人が結構いますが↓これがまさに源流の部分です。
inokasira1.jpg

inokasira2.jpg

実家に泊まったこの日、開けたのはこのボトル。
楽天のショップ「うきうきワインの玉手箱」のオープン時に2本購入したもので、1本目は早々に飲んでしまいました(03年の記録参照)が、残る1本もそろそろ飲み頃だろうと思い、開けてみました。
色調は濃いめのガーネットで、エッジにはっきりとオレンジが見て取れます。
香りは陶然とするような、リキュール状のカシスやラズベリー、甘草、なめし皮、スーボワなど。私としては久々に嗅ぐ熟成の頂点に達しつつあるブルの芳香。どんなに痛みやすくても、なかなか思ったような熟成をしてくれなくても、たまにこういうボトルに出くわすからブルゴーニュはやめられないんですよね~。口に含むと、96年らしく酸が優勢な味わいですが、飲み進むうちにバランスがとれてきて、ボトルの中盤以降は特にすばらしい味わいになります。果実味には香り同様甘くリキュール的な濃縮感があって、タンニンは綺麗にとけこんでいてテクスチャーはなめらか。全般にかなり熟成の進んだ味わいで、すでに輪郭がぼんやりとし始めている感もあります。96年なのでどうかな、と思いましたが、我が家のボトルについては、この時点で開けたのは正解だったようです。アルヌーのボトルは流通の状況やコンディションによって、飲み頃に大きな幅があるように感じていますので、他のボトルも同様かどうかは一概には言えませんがね。
【大吉に近い中吉】
arnoux0705.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sswine.blog17.fc2.com/tb.php/498-339d002c
このページのトップへ

Information

shuz
  • Author: shuz


Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。