S'sWine ひとりごと過去ログ

ワインサイト「S's Wine」のブログの過去ログです。 2006年5月までのエントリーをこちらに掲載しています。最新版は、【話飲徒然草】にて更新しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
意気消沈です。
筆記試験は、全部で60問(ということは筆記が60点?)出題されまして、恐れていたような奇問の類もそれほどなく、おそらく9割5分ぐらいは正解出来たと思います。ところがこれで安心して気を抜いたたわけでもないのですが、テイスティングの方で痛恨の失敗をやらかしてしまいました。

そもそも一問目の白からして何だかわからずつまずいたのですが、それ以前に、たくさんある候補一覧の中から指定された数の言葉を選んでマークシートに記入するという試験方法が私にとっては初めてで、思いのほか要領がつかめず、隣の受験者の方がいいペースでスラスラと回答してるのもまた私の焦りに拍車をかけて、冒頭から頭の中が真っ白になってしまいました。白の正解はシャルドネ(たぶんシャブリ)でしたが、私はブログでの予告どおり?リースリングと回答。
次のグラスは、スパイシーな典型的シラーでしたが、これも国名のオーストラリアをフランスと回答。後で思えば、あのいかにも補酸っぽい味わいは、どう考えてもオーストラリアだろ~ってところなんですが。
一番悲惨だったのは3問目のグラス。普通に考えればピノに行き着くところを、熟成感のある色合いに加えて、香りがあまり出ていなかったこともあり、熟成したネビオーロではないかとあらぬ方向に推理?を働かせてしまいました。ブラインドって怖いもので、いったんこうと思い込むと、本当にそんな味に思えてくるんですよねぇ。冷静になって考えれば、ネビオーロがああなるにはかなりの熟成を経なければならないわけで、なんであんな風に答えてしまったのだろうと自己嫌悪に陥ります。この問題でネビオーロって答えたの私ひとりかも‥。心のどこかに、シニアの試験なので捻った問題も出るだろうという先入観があったのかもしれません。完全に頭の中が空回りしていました。
4杯目は、スピリッツではなくて、甘口ワイン。このときにはもはや前の3本でほとんど時間を使い果たしてまして、一瞬香りを嗅いで口に含んだだけで、ソーテルヌと回答。正解はヴィダルのアイスワインでしたが、まあこれは実力でしょう。

というわけで、4問中3問外しました、ハイ。というか、正解の1問も国名間違えたから限りなく全滅のようなものです。とにかく悔いが残るのは、舞い上がってしまって冷静な思考能力を失ってしまったことと、決められた数の用語をマークシートに記入するという試験方式を一度も練習せずに試験に臨んだことです。
いやはや、全くもって、テイスティングをナメていました。
もっと試験に即したブラインドテイスティングを練習しておかねばならなかったなあと今更ながらに思いますし、せっかく筆記がいい線いったのに残念至極です。メジャーリーグでは、この日松坂がヤンキース戦でボカスカ打たれながらも、味方の大量援護でラッキーな白星を挙げました。私もそうあってほしいと願うばかりですが、テイスティングでの品種や国名などへの配点が大きかったら、それもかなわぬ夢でしょう。って、その前にこの体たらくでは足切り食らうかもしれませんが‥。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

お疲れ様でした。

私の方はこの前、仕事関係の講座を取るために、大学で試験を受けてきました。
久しぶりに2進法の小数とか条件付確率を解いたのですが、なんとか合格しました。

Shuzさんの合格を祈念しています。

PS オーディオ&カメラを処分しようかと思案中です。もう少し身軽になりたくなってきました。

  • 2007/04/23(月) 23:16:35 |
  • URL |
  • ichiro #-
  • [編集]

お疲れ様でした。
マークシートの個数方式は私がエキスパートを受けた年か前の年が最初でした。個数限定なので気を使いますよね。
テイスティングはみんな厳しいでしょう。昨晩、ジャッドのシャブリ05を飲みましたが、こういうのがシャブリだったっけという感じですし。私もピノは当たったためしがありません(笑)。2000円前後のピノも飲んでいるんですがねぇ。鬼門のピノと言われています。もっと品種特性の出ているワインを出して欲しいと思いますよね。
まあ、終わってしまったことですので、筆記でカバーできるくらいの気持ちでいいのではないでしょうか。コンクールじゃあないので結構いい線行ってるのではないでしょうか。

それではまた。

  • 2007/04/24(火) 09:25:13 |
  • URL |
  • bon #-
  • [編集]

ichiroさん、どうもです。
>久しぶりに2進法の小数とか条件付確率を解いたのですが、なんとか合格しました。
おお、それはおめでとうございます。来月あたり祝賀会やらねばなりませんね。私の残念会を兼ねて、になるかもしれませんが‥。(^^;

  • 2007/04/24(火) 13:11:55 |
  • URL |
  • shuz #-
  • [編集]

いやあ、bonさん、今回は完全に戦術を間違えました。筆記よりももっテイスティングの訓練に時間と労力を割くべきでした。
>もっと品種特性の出ているワインを出して欲しいと思いますよね。
まさにそう思いますねぇ。って、私が言っても「負け犬の遠吠え」ですが‥。

>筆記でカバーできるくらいの気持ちでいいのではないでしょうか。コンクールじゃあないので結構いい線行ってるのではないでしょうか。
う~ん、仮に合格ラインが70点とすると、筆記で56~57とれたとして、あとはテイスティングで40点中15点ぐらいとらないといけないわけです。今回のテイスティングの出来を思うと、これってかなり厳しい数字だなあ、と。
まあ、いまさらクヨクヨしても仕方ないので、気持ちを切り替えるようにします。

  • 2007/04/24(火) 13:19:30 |
  • URL |
  • shuz #-
  • [編集]

お疲れ様です。

もっと品種特性の出ているワインを出して欲しいというのは同感ですね。

私がノーマルエキスパートを受けた年はわりとついていて、最初のアルザルリースリングは外しましたが(笑)、あとの2つはエキスパート史上初めてニューワールドがテイスティングに出て、国の名前が書いてあり、アメリカの樽香ガンガンの白(シャルドネ)と、オーストラリアの赤(カベルネの香りがしなかったので、シラーズ)で、それらは当たりました。
でも国の名前が書いてあって簡単だから正解率も高かったでしょうね。シニアでそんな簡単な問題は出ないでしょう。

  • 2007/04/27(金) 23:50:58 |
  • URL |
  • くぼた #64TjWBNY
  • [編集]

くぼたさん、こんにちは。
まあ何を言っても言い訳に聞こえてしまうのですが、こちら側としては、捻った銘柄を出してくるのではないかと邪念を働かせてしまったことが敗因のひとつですねぇ。まだまだ修行不足であることを痛感いたしました。

  • 2007/04/30(月) 11:02:32 |
  • URL |
  • shuz #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sswine.blog17.fc2.com/tb.php/493-537801c7
このページのトップへ

Information

shuz
  • Author: shuz


Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。