S'sWine ひとりごと過去ログ

ワインサイト「S's Wine」のブログの過去ログです。 2006年5月までのエントリーをこちらに掲載しています。最新版は、【話飲徒然草】にて更新しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
前のエントリーの続きです。
たとえば、

1.コリウール(ルーション地方)
私が取得した99年当時は赤、ロゼのAOCでしたが、ソムリエ協会の教本、参考書A,参考書Bとも赤白ロゼになっています。ちなみに参考書Bに「2003年より白も認定」と書かれていますので、これは判りやすい事例なんですが‥。

2.レ・ボー・ド・プロヴァンス
99年当時=赤白。他がほとんどすべて赤白ロゼのプロヴァンスにあって、よく試験に出題されたAOCですが、教本と参考書Aでは赤ロゼ、参考書Bでは赤白ロゼとなっています。参考書Bに「2005年より白も認定」と書かれているので、他の2冊に反映されていないということなのでしょうね‥。あ、書き忘れましたが、これらはどれも2006年版です。書店では売れ残った2005年版が平気で陳列されていることがあるので、買うときは注意したほうがよろしいかと。

3.サンシニアン&フォージェール(いずれもラングドック)
99年当時は、赤ロゼと習ったAOCです。今度は、参考書Aでは赤ロゼのまま、参考書Bでは、フォージエールが赤ロゼ、サンシニアンは赤だけになっています(これはおそらく誤記でしょう。)。ところが最新の協会の教本では、どちらのAOCも赤白ロゼとなっています。つじつまが合わないので、講習会を受験したときに購入させられた02年の教本を引っ張り出してみたところ、サンシニアン、フォージェールとも赤ロゼのままです。
ということは、03年以降に白が認定されたのでしょうか。そして他の2冊の参考書はそれを見逃していたということですかね?。

4.ベルジェラック(シュドウエスト)
これも謎です。99年受験時は赤白ロゼと習いました。ところが最新の教本と参考書Aでは赤ロゼとなっています。参考書Bだけが赤白ロゼと記載。ちなみに02年の教則本でも赤ロゼ。99年以降に白が認定から外れたんですかね~?

重箱の隅をつつくようなことばかり、何を書いているんだと思われるかもしれませんが、こういう重箱的な問題が出るんですよ。とくに、2番3番あたりは頻出です。まあシニアにまでこうした問題が出るのかは、知りませんけど‥。
どなたか、上記の件、真相をご存知の方、いらっしゃいますか?
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

あれから6年間ずっと疑問なんです・・・

そのAOCのタイプの件についてはわからないのですが、shuzさんがご存知だったら教えていただきたいことがあります。
私が受験した2000年に、こういう問題がありました。
「貴腐ではなくパスリヤージュによる甘口を一つ選んでください。1コトー・ド・レイヨン・ショーム、2アルザス セレクション・ド・グラン・ノーブル、3ボンヌゾー、4ジュランソン、5カール・ド・ショーム」
私は、どれも選べないと思いました。「貴腐の他に」ではなく、「貴腐ではなく」です。強いて考えれば、ピレネーから風が吹き降ろしそうなジュランソンかなとは想像しましたが、実際にジュランソンの貴腐を飲んだことがありましたし。
でも、正解は4ジュランソンだったのですよね。
私の知らないあるときからジュランソンの定義が変わっていたのでしょうか?それとも私が勘違いしているでしょうか?どう思われますか?

  • 2006/12/24(日) 01:32:24 |
  • URL |
  • ミュスカ #UXr/yv2Y
  • [編集]

ミュスカさん、こんばんは。
まあ、他の3銘柄はパスセリアージュは認められていないでしょうから、消去法でいくとジュランソンになる、ということなんでしょうが…。
ちなみに
~ワイナート編集部が出している「ワインの合格力50のステップ」では、ジュランソンはパスセリアージュから作られる甘口だと明記されています。しかし、これはそういう問題が試験に出てからの後付けなのでしょうね。、
~ヒュージョンソンの【ワールドワインアトラス】では、ジュランソンでは「12月まで木に残し、干乾びさせて糖分と酸度を凝縮させる」と記載されていますが、これもパスセリアージュというんでしょうか?単なる遅摘みという気もしますが…。
~ちなみに、私が受験した当時(99年)の某スクールの教科書には、ジュランソンの項に「貴腐の義務」と書かれていました。(!)
~06年のソムリエ協会の教本ではまったく触れられていませんね。

私も、具体的には忘れましたが、同じように試験のとき、発泡タイプのAOCを答えよとかいった問題があって、それが発泡オンリーのことを指しているのか、それとも発泡とスティルワインと両方あってもいいのか曖昧でよくわからなかった、というものがありました。(結局間違えた)

  • 2006/12/24(日) 02:38:57 |
  • URL |
  • shuz #-
  • [編集]

shuzさん、ご丁寧な説明をどうもありがとうございます。そうなんです!!!2000年の時も某スクールの試験対策本には「貴腐の義務」とはっきり書いてあって、当時それをすっかり信じていたため面食らったのです。受験後スクールには質問をしましたが明確にお答えはいただけませんでした。でもまあいいやと、私の性格上終わりにしてしまいました。(笑)

  • 2006/12/24(日) 11:58:45 |
  • URL |
  • ミュスカ #UXr/yv2Y
  • [編集]

なるほど、その1点が合否の分かれ目になっていたら大事でしたね。(^^;
それにしても、試験もそうですが、協会の教本も基本的な日本語がちょっと、と思う箇所がたくさんありますねぇ。かくいう私も人のこと言えた義理じゃありませんが。

  • 2006/12/25(月) 13:17:21 |
  • URL |
  • shuz #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sswine.blog17.fc2.com/tb.php/443-98a79e2c

2001年ビンテージ品は終了次第その後は2002年ビンテージ品に変わります。←既に入荷済みです。カベルネ・ソーヴィニヨン50%、シラー50%内容量 750mlカリサンヌ社を代表するつくりもバランスも絶妙なワインです。すばらしい後味をお楽しみいただけます。肉料理や、レバー、マ

  • 2007/07/23(月) 03:25:36 |
  • プロヴァンスのレス

赤を極める

2001年ビンテージ品は残り150本をもって終了します。その後は2002年ビンテージ品に変わります。←既に入荷済みです。シラー50%、カベルネ・ソーヴィニョン20%、グルナッシュ30% 内容量 750ml フランスワインマガジン、フランスワインガイドでも賞賛されている、南フランス

  • 2007/08/11(土) 15:47:59 |
  • プロヴァンスのレス

赤への思い

一人で飲みたいときに、フルボトルを余らせるのももったいないと思い、このサイズを買ってみたんですが、ちょうど良かったです。味も軽めで好みどおりでした。・コート・ド・プロヴァンス 赤・4日目 ニース / プロヴァンス・外装&内装打合せ・今日のところは、・20世紀の

  • 2007/08/11(土) 23:29:51 |
  • プロヴァンスのレス
このページのトップへ

Information

shuz
  • Author: shuz


Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。