S'sWine ひとりごと過去ログ

ワインサイト「S's Wine」のブログの過去ログです。 2006年5月までのエントリーをこちらに掲載しています。最新版は、【話飲徒然草】にて更新しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
先週導入した「アナカリス」がイイ感じなので、水草を追加してみました。
「アヌビアス・ナナ」と流木付の「ウイロー・モス」です。照明のせいか、若干水槽内にコケが繁殖し始めているのが気がかりですが、このまま水草たちがいい具合に定着してくれるといいなと期待しています。
それにしても、アナカリスの増殖力はすごいですね。まだ1週間しか経過していないのに水面に届きそうなぐらい成長してしまいました。(※12月2日のエントリーの写真参照。)
suiso1209.jpg

手前左がアナカリス、右手前がアヌビアス・ナナ、右奥がウイロー・モス。

ジュブレイ・シャンベルタン・レニャール2002
(アラン・ビュルゲ)

森田屋さんでかなり安くなっていたので購入してみました。あまり人気ないのでしょうか。かくいう私も飲むのは初めて。
濃厚なルビーで、エッジはまだ紫が主体です。香りは良年の凝縮した銘柄にありがちな揮発性塗料のようなトップノーズ、続いてブラックチェリーなどの黒系果実、ジュブレイらしい鉄サビやスパイス、それに木質的な香りや毛皮や獣的なワイルドなニュアンスも。口に含むと、なめらかで力のある果実を綺麗な酸が支えていますが、現時点ではかなりタニックで、ドライな味わいです。早くから飲みやすいモダンな作り手とは対極をなすような骨太で媚びるところのない作りですね。5年ぐらい先になるでしょうか、皮膜のようなタンニンが溶け込む頃合いにぜひ再会してみたいものです。【吉→小吉】
翌日:明らかに二日目のほうがいいですね。力強い酒躯はそのままに、果実に甘みが乗って近づきやすくなりました。
buruguet.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sswine.blog17.fc2.com/tb.php/430-7eab6e33
このページのトップへ

Information

shuz
  • Author: shuz


Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。