S'sWine ひとりごと過去ログ

ワインサイト「S's Wine」のブログの過去ログです。 2006年5月までのエントリーをこちらに掲載しています。最新版は、【話飲徒然草】にて更新しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ウワサには聞いてましたが、良くも悪くも、シリアスなワインですね。黒みがかった、濃厚なルビーの色調。火を通した黒い果実やアジアンスパイス、ミネラル、それに杉の木などの香り。酒質は締りがあって筋肉質。それもマッチョなプロレスラーというよりは鋼のようなボクサータイプですね。加えて、おそらく閉じている時期なのでしょう、果実味は後退気味で愛想のかけらもなく、飲み手である私を困惑させます。酸度は高めで、フィニッシュにはタンニンで口の裏側が渇くような感じになります。このワインを今美味しく飲むのはなかなか難しいかもしれませんね。半分残して翌日飲んでみましたが、印象はあまり変わらず、最後の方は雑巾臭が出てきました。そういう意味ではボトルのコンディションもあまりよくなかったのかもしれません。セラーには01年もありますが、こちらはまだしばらく寝かせておいたほうがよさそうです。【吉】
percarlo.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

shuzさんこんばんは。

おお、これを飲まれましたか。私も飲んだやつです。
このワイン、味の系列的にはシリアスで初心者向きの味ではないのに、確か2年ほど前に飲んだ時、基本的には甘めで柔らかいのが好きな素人舌の私が「上手い」と感じました。
その時は確かに酸は強くてタンニンも厳しいところもあったけど、果実味はかなり見事だった印象があります。

ボトル差もあるかも知れないし、今かえって閉じてきてる時期なのかも知れないし、単に好みの問題かも知れませんけど、つくづくワインって難しいし、奥が深いって感じます。

どっちみち本当の飲み頃はずっと後なんでしょうけど、そんなに待てませんよね(笑)。

  • 2006/05/13(土) 23:45:11 |
  • URL |
  • くぼた #-
  • [編集]

くぼたさん、それはきっと2年という飲んだ時期の違いが大きいのではないでしょうか。私見ですが、この手の凝縮感の強いサンジョベーゼって、リリース後の果実がみずみずしい時期を逃すと、その後は堅く閉じこもってしまって、どうにもならないケースが多いように思います。そうは思っていても、トスカーナのワインって、つい早飲みしたくなってしまう私だったりしますが。(^^;

  • 2006/05/14(日) 17:20:59 |
  • URL |
  • shuz #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sswine.blog17.fc2.com/tb.php/333-cf9dd1f0
このページのトップへ

Information

shuz
  • Author: shuz


Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。