S'sWine ひとりごと過去ログ

ワインサイト「S's Wine」のブログの過去ログです。 2006年5月までのエントリーをこちらに掲載しています。最新版は、【話飲徒然草】にて更新しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ヤフオク初心者ですが、やってみるといろいろなことがありますねえ。
今週出品したものが、早速1件、希望価格で落札していただけたので、発送手続きをしたのですが…。
たまたまその日は早く会社から帰ることができたので、19時にクロネコヤマトに集荷に来てもらうことにしました。
そのとき一緒に、発送用のワイン箱も持ってきてくれと頼んでおいたのですが、こんなことでトラブるとは夢にも思いませんでした。

19時ピッタリに来た業者さん、開口一番、
「え?これから梱包するんですか?集荷時間に間に合わないの急いでください!」
おっとっと、と、慌てて箱を組みたて、ボトルを入れようとすると、なんとボトルが入らない。
え?どういうこと?

「あ~、やっぱり。」と舌打ちをする業者のお兄さん。
「ウチのワイン用の箱は、細いボトルしか入らないんですよ。」
「え?だって、これ普通のワインボトル(ブルゴーニュタイプ)ですよ。」
「普通のでも入るのと入らないのがあるんです。(注:ボルドータイプしか入らないということらしい)」
「何言ってるんですか?ワイン用の箱って言って持ってきてもらったのに…」
「う~ん、(電話の)オペレーターにはいつも気をつけるように
言ってるんですけど。」
「(だんだん怒りがこみあげてくる私)なんとかしてくださいよ。下の発砲スチロールを割ったり削ったりしたらいいんじゃないですか?」
「いや、そういうことすると、なにかあったときに補償できませんので…」
「じゃあ、どうするんですか?こちらはワインを送りたいだけなんですけど。」
「参ったなあ。集荷の時間が…」
「もうイイですよ。後でコンビニ持っていくから、お引き取りください!」
(ここで長めの沈黙。そのあとお兄さんが思いついたように)
「これ、清酒用の箱で送るわけにはいきませんか?」
「え?ちゃんと送れるのならいいですよ。でも清酒用だと大きいから、緩衝材をもっとまかないといけないですね。」
「梱包はこちらに任せてください。すべてウチでやりますんで。」
「ラベルを破ったりしないように気をつけてくださいね。」
「日本酒用の箱にすると、大きさが違ってくるんで、料金も上がってしまいますが…。」
「それは困ります。先方にもう着払いの値段を言ってしまったので。」
「あ、これ、着払いなんですか…(困った顔)」
「じゃあ、いいですよ。元払いでいいですよ。伝票書きなおすから、元払いの伝票ください。」
「わかりました。元のお値段でやるように言います。こちらのミスですから。」

…というようなやりとりで、ようやく一件落着。業者のお兄さんは危機的状況?の中、よくやってくれました。

それにしても、クロネコヤマトのワイン用の箱って、ブルゴーニュボトルが入らないって知ってました?(^^;

<後日談>
いろいろな方からコメントいただきました。
それによると、今回の箱は古いタイプだそうで、最近はダンボール箱が二重構造になっているもの、かなり太いものまで問題なく入るようになりました。
詳細は本館コラム参照されたし。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sswine.blog17.fc2.com/tb.php/111-2d6fbe1b
このページのトップへ

Information

shuz
  • Author: shuz


Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。