S'sWine ひとりごと過去ログ

ワインサイト「S's Wine」のブログの過去ログです。 2006年5月までのエントリーをこちらに掲載しています。最新版は、【話飲徒然草】にて更新しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
さて、つかの間の夏休みも終わり、今日から出社しているのですが、1週間経過しても相変わらず違和感のとれない前歯が気になって、午前中のうちに歯科に行きました。結果は、無情にも「やっぱり根っこが折れています」とのこと。(泣)
もともとこの歯は根に一箇所亀裂が入っていたのですが、今回の衝撃でさらに2箇所縦に亀裂が入ってしまったようで、「これはもう、抜くしかないですね。」。(泣)
いや、もう、何がショックかって、この差し歯はそもそも、ほんの1年前に入れ替えたばかりのものなんです。しかも、上の前歯なので、入れ歯にするわけにもいかず(入れ歯にするとバネが見えてしまうとか‥)、ブリッジにすると、両隣の差し歯を引っこ抜いて、新たに3本連結させたものを作らねばならないわけです。でもって、嘆かわしいのは、この両隣の差し歯も1年半ぐらい前に作ったばかりのものなわけで‥。まだ新しい差し歯三本がオシャカになるというこの経済的損失‥。

しばらくワイン代控えることにします。
スポンサーサイト
このページのトップへ
上の子の発熱つづきで、当初は行けるかどうかすら危ぶまれたディズニーリゾートですが、結局木曜日の昼下がりからディズニーランドに行って、その日はエレクトリカルパレードまで見物してしまいました。宿泊がリゾート敷地内のホテルオークラだったので、スケジュールにゆとりがあったこともあり、子供たちは翌朝も意外なほど元気。せっかくだから、ということで、まっすぐ帰る予定を変更して、翌日はディズニーシーに繰り出してみました。ディズニーランドはかろうじて十数年前に行ったことのあった私ですが、ディズニーシーは初めて。ディズニーランドに比べると、ぐっとシックにまとまっていて、より大人向けという印象ですね。
ディズニーランドのエレクトリカルパレードも、ずいぶん豪勢になったなあ、と思いましたが、考えてみれば以前行ったときはまだ「美女と野獣」も「TOYSTORY」も公開される前だったわけですから、そう思うと改めて時の流れを感じますね。この二日間、万札に羽が生えたように飛んでいくのはシンドかったですが、久々のディズニーリゾートを子供だけでなく、親たちもたっぷり満喫しました。
ということで、明日からまた仕事。頑張ります!
disneysea.jpg

このページのトップへ
前のエントリーでキャンセルと書いたディズニーランド行きの件ですが、上の子が昨日になって予想以上に回復したのと、会社の健保でホテルオークラを予約していることもあって、とりあえず行くだけ行ってみようということになりました。朝ゆっくり起きて、これから出かけるという超のんびり休暇です。
着いたら、乗り物1つ2つ乗ってエレクトリカルパレードみて、あとはホテルでのんびりして帰ってくる、という感じかな、と思ってます。

ということで、今日明日はネットにアクセスできませんので、よろしくお願いします。 このページのトップへ
‥ってところでしょうか?
前のエントリーの前歯の話です。
翌朝、さっそく歯科に行ってみました。
「スゲー嫌な予感がするんですけど。なにせ、かって経験しなかったような衝撃だったもので‥。」
「ん~、でも腫れはあまりないですけどね。とりあえずデンタルとってみましょう。」
レントゲンの所見では、すぐにわかるほどのひびとか割れ目はないとのこと。ただ、激しく当った衝撃で、歯の根っこの周りの膜などが腫れたようになっているとか。(そんなことまでわかるんですね~)
とりあえず、1週間ほど様子をみましょうということで、痛み止めと抗生物質とをもらって飲んでます。状態はだいぶ落ち着いてきましたが、まだ噛んだときのグラグラ感があるのと、少しばかり疼痛も残っていて、こちらの歯でものを普通に噛むのはコワイです。やはりこのまま無罪放免にはならないんじゃないかなぁという不安はあります。

明日あさってと、夏休みをとって、ディズニーランドに行く予定だったのですが、水疱瘡→プール熱と続けて罹った上の子の具合がまだ思わしくなく、キャンセルしなければならなそうです。プール熱からの回復途上で無理をさせすぎたのがいけなかったかと親としても反省しています。
このページのトップへ
金曜日の接待の席で、丸ごと出された「とうもろこ」しにかぶりついたら、その瞬間右前の差し歯が反り返ってしまったような激しい痛みが‥。後で鏡でみても、外見上はなんでもないのですが、その歯で硬いものをかむと、なんだか歯が沈み込むような不快感があり、加えて、今日あたりから歯茎の部分に疼痛がするようになってきました。‥。
ううううう~、これって、スゴーく、嫌な予感がします。十中八九、差し歯の土台の歯根が割れてしまったと思われます‥。そうなると、今度こそ抜かねばならないか。でも、前歯ですよ、前歯。右前歯が欠けたままというのは相当格好悪いので、行き着く先は、入れ歯?ブリッジ?インプラント?どれも金かかりそうだなぁ。って、そもそもこの歯自体、ほんの1年前にウン万円かけて入れたばかりなんですけど‥。

今週飲んだワインは、ちょっとイマイチでした。

グリュナー・フェルトリーナー・ロイブナーベルグ スマラクト2004(ピヒラー)  3960円

特売でこのプライスですから、いい値段ですね~。この品種を飲みつけていない私にしてみれば、ブラインドテイスティングなら、100発100中で「NZのソーヴィニヨンブラン」などと答えそうです。(^^;柑橘系やグレープフルーツ、青いハーブなどのアロマチックな香り。伸びやかでシャープな酸とビビッドな果実味はビシッと締まりがあって、この季節向けですけれども、そもそも本質的に私の好みのベクトルではないこともあり、プライスを思うとちょっと辛めの評価になってしまうかな、と。【末吉】


モレ・サンドニ・キュベ・グリヴ2001(demi)
(ポンソ)
これの02年がすばらしかったので、買い足した際に、ビンテージ違いを一本混ぜてみました。01のコート・ド・ニュイは、酸が綺麗なため、「良い作り手」の「上位グレード」に限れば相当イイものがあると思っていますが、反面凡庸な作り手のACブルなどでは、ただの赤い水ですか?みたいなものにも何度かあたっています。で、この01村名ポンソはというと、ひとことでいえば、「酸っぱい」味わい。香りは赤と黒の中間ぐらいの果実に、なめした革やスーボワのニュアンスが入ってなかなか魅惑的なんですが、飲んでみると果実味の密度感が02年に比べて2ランクぐらい落ちる感じで、結果的に酸が目立ち、フィニッシュも薄められたような頼りなさがつきまといます。グランクリュクラスならともかく、やはりこのグレードで02と比べるのは可哀想そうかな、とも思いましたが、プライスも02年と同じだったし‥。【吉】

そういえば、「ご先祖探し」ネタがわりとあちこちで面白かった、というレスポンスをいただいてまして、身内ネタにも関わらず、お恥ずかしい限です。
近々、近世ネタでパート4をアップします。(ってまだ続くのか‥?(^^;) このページのトップへ
プール熱が大流行 04年の1・7倍、最多に
ウチの上の子も昨晩から高熱が出て、今日病院に連れて行ったら、プール熱と診断されました。しかも、相当の確率で下の子にうつるだろうとのこと。やっと水疱瘡禍から開放されたと思ったら、今度はプール熱ですか。仕事も待ったなしなのに、こんな調子では親の方ががヘバッてしまいます。
今週飲んだのはカール・エルベスの辛口シュペトレーゼと、パリゾの99ジャスティス。感想は追って本館にアップします。
erbes.jpg

parizot.jpg

このページのトップへ
忙しくて、どうにもなりません。
7月1日づけで会社の組織変更があった話は前に書きましたが、その煽りをもろに喰らって、業務量が目下、以前の倍ぐらいになってしまってます。
更新していなかったこの1週間の間にも、某コミュニティのパーティで三茶の「のみ山」さんに行ったり、福岡に出張したり、下の子も水疱瘡にかかったり、「ティップネス」に通いはじめたりと、いろいろあったのですが、月をまたいでからのあまりの忙しさに、アップする気力がなくなってしまいました。もうしばらくこんな感じかもしれません。ご容赦ください。

この間のワインは、プスドールの「コルトン・ブレッサンド1999」とヴァインバックの「リースリング・シュロスベルグ・キュヴェサントカトリーヌ“リネディ!”2000 」。どちらもアタリでした。感想は後日本館の方にアップします。
corton.jpg

weinbach.jpg

このページのトップへ

Information

shuz
  • Author: shuz


Search

Calendar

06月 « 2006年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。