S'sWine ひとりごと過去ログ

ワインサイト「S's Wine」のブログの過去ログです。 2006年5月までのエントリーをこちらに掲載しています。最新版は、【話飲徒然草】にて更新しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
睡眠導入剤代わりにデパスを飲み始めてから、気がつけば3
年になろうとしている。
この間、大酒を食らった日以外はほぼ毎日このクスリを飲み
続けてきた。
私自身は、このクスリが自分にあっているのか、服用すると、
とてもよく眠れるし、それまで悩まされてきた肩のコリなども
軽減されるので、非常に重宝し、ずっと飲み続けてもいいかな、とさえ思っていた。

しかし、最近、某所で「マイナートランキライザーやそれに類する薬(当然デパスも含まれる)を緑内障患者が飲むと症状を悪化させる」という記事を読んで、心配になった。
私自身は緑内障と診断されたわけではないが、眼圧がずっと
高めで推移しており、予備軍であることは間違いないからだ。

ところが、私の場合、3年間飲み続けて、一種の依存症に陥っ
ているらしく、薬を断とうとすると、寝つきがてきめんに悪くなるし、就寝中に猛烈に肩が凝る。
眠り自体も浅く、あまり寝た気がしないし、翌日眠くて仕方ない。

一般にはデパスには依存性はほとんどないといわれるが、自分
の身に照らし合わせてみると、眉唾な気がする。

今朝、網膜裂孔の予後の診察で眼科に行った際、眼科医に聞い
てみると、
「そのくらいの分量であれば、飲んでいても大丈夫ですよ。」
「もし気になるようでしたら、2日に1回にするなどしたらどうですか?」
とのこと。
何が何でもダメというわけではないと聞いて、気が楽になったが、せっかくの機会なので、この1ヶ月ぐらいは頑張って薬を断ってみようと思っている。
スポンサーサイト
このページのトップへ
新潟中越地震、避難者10万人超す・県は仮設住宅建設へ
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20041026AT1G2601226102004.html

今ごろ、という感もありますが、土曜日の地震には驚きました。
一回目の地震があったとき、私は例によって信濃屋の試飲中で(^^;、
妙にふらつくなあ、急に酔いが回ったのかなあ、晩飯前だし、なんて
思ったら、売り場のグラスやらボトルがグラグラと揺れて、店員の女の
子の顔がこわばっているのを見てやっと地震だと気づいた次第。
あの場で震度6強が来ていたら、どうなっていたことか‥。
被災者の方々には心からお見舞い申し上げます。

それにしても、被災地は、雪国で柱や基礎の構造がしっかりしている
こともあって、被害も(地震の規模に比べれば)大きくはなかったといえ
ますが、いやいや、それでも大変な被害なわけですが、これがもし東京
で起こったらと思うと、背筋が寒くなります。
私が今勤務している汐留の職場は高層ビルの30F。
倒壊することはないにせよ、エレベーターの中にでも取り残されたら
悲惨だし、デスクや棚は揺れで宙を舞うでしょうし‥。
たまたま外を歩いていれば、ガラスの雨あられでしょうし、地下街はパ
ニックになるでしょうし、地下鉄の中にでも取り残されたら、もはや望月
峯太郎.の世界です。
いつかは来る地震なら、せめて春か秋の深夜にしてほしいものです。
ってムリか。 このページのトップへ
食細く神経質な「死にガメ」、国内で初めて繁殖成功
http://www.asahi.com/national/update/1020/006.html

そんな通称のカメいたんですか‥。(^^;

今日は大雨の中、同僚のご尊父の告別式でした。
会場のお手伝い係を仰せつかって、ベラボウに疲れました。
でも、これで終わりでなくて、これから、雨の中、家に帰ら
ねばなりません。
帰り道でズブ濡れになることがわかっているので、あえて、
スーツには着替えず、礼服のまま帰ることにします。
真っ黒ないでたちに黄色の派手目なネクタイという奇妙な姿
ですが、今夜はまあなんでも許されるでしょう。
それにしても、職場の弔事を手伝うのは今年3度目です。
今年、いや今年度はもうこれで打ち止めにして欲しい。 このページのトップへ
久しぶりのブルータスのワイン特集は、「ワインブーム復活宣言」
なる景気のよい見出し。たしかにこの雑誌の特集やムック本がか
ってのワインブームの一角を担ってきたのは事実でしょうし、この
手のメジャーな一般誌が大々的に取り上げるインパクトというの
は小さくないと言えます。

それでも、私自身は、自分の周囲を見渡したとき、近々のうちに
ワインブームが復活しそうな気配はほとんどない気がします。
ビオや国産ワインだけではブームを形成するには弱いですしね。

ネットの世界を見渡しても、同時期、あるいはそれ以前から活動
されていたサイトの多くが閉鎖、休眠状態となっていて、最近
活発なのはむしろ年長の方々が多くなりつつあるように思いま
す。(もちろんそれが悪いというわけではありませんが。)

それにしても、個人サイトの寿命って、いいところ3~5年ぐらい
じゃないかという感じがします。そのぐらいの年月が経過する中で、
主宰者本人が結婚したり離婚したり、子供が生まれたり、職場が変
わったり、忙しくなったり、病気をしたり、はたまたワインへの興
味そのものが失せたりとかで、継続しずらい環境になるのでしょう。
そして、そういう逆風を乗り越えて継続するだけのモチベーション
をどこに求めるかというのは難しいですよね。
所詮はHPやってても金を稼げるわけでないし、知り合いが増えると
いう面でも、1~2年やれば、ひと段落してしまうし。
ウチのサイトも気がつけば、もうすぐ5年です。はぁ。

なんだかちょっとグチっぽくなってしまいました。
このページのトップへ
子供がガチャガチャ(正式には「ガチャポンというらしい」に
凝っているという話は前に書いた。レバーを回すと、いろい
ろな色の玉が出てくる、その過程が面白いらしく、中身は
どちらかといえば二の次。実際、プラスチックの玉に入って
いるモノは大抵は他愛もないオモチャばかりで、子供もすぐ
に飽きてしまうし、もったいないなあ、と常々思っていた。

ところが、私のそういった認識は、ある日を境に一変した。
というのも、居並ぶガチャポンの中に「あるモノ」を見つけて
しまったからである。
あるモノとは、これである。

初めてこれを見つけて以来、子供には、「そっちじゃなくて
、これをやりな。」、カミサンには、「こっちをやらせるように。」
と「指導」しているのだが、やらされる子供の方は明らかに
不満そう。先日など、オバアちゃんに、これは自分のではなく、
パパのだと言いつけたりするから困ったものである。
また、カミサンはカミサンで、「こんなに飾っておいて、子供の
友達の親が遊びにきたら何て言うの?」と責めてくるのは困り
ものである。
いや、本当に困りものなのは、私なのかもしれないが。

そしてもうひとつ困ったことがあった。というのも、ガチャガチャ
の宿命か、何度やっても(やらせても)同じもの(私服のアスカ)
ばかり出てきて一向にシリーズがそろわない。
なんとも不経済なことだなあ、と思ってネットで検索してるうち、
こんな店を発見した。

http://www.toysfantasia.com/

ええ、買いましたよ。それも、今回出ているPart3だけでなく、
Part1や2のシリーズも全部。
買ったはいいが、全シリーズとなると、カミサンじゃないが、居間
に飾るのはさすがにはばかられる。早く広い家に引っ越して、自
分の部屋に飾りたいものである。って、自分の書斎にこんなフィギ
ュアが居並んでいたら、マジに変態扱いされそうだが。いや、すで
に変態路線を突き進んでいるのか?>私。
このページのトップへ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041008-00000001-ryu-oki

祭りとはいえ、こんなもの間近で見せられたら、トラウマにならないか
と心配です。(^^;ウチの子なんか、当日の夜泣きは必至。きっと次の日
熱出すんじゃないかな。

明日から3連休ですね。そろそろ上の子の幼稚園を決めねばならないの
ですが、これが結構大変。
いわゆる名門幼稚園を受験させる気はないんですが、近隣の幼稚園から
選ぼうにも評判の良し悪しや施設の優劣など、幼稚園間の落差が大きく、
条件のよい幼稚園に入れようとすると、面接や試験をクリアしなければ
ならなかったり、運動会見学とか説明会とか、事前にいろいろなイベント
に参加しなければならなかったりと面倒です。そんなわけで、これから
1ヶ月ぐらいの間は毎週毎週どこかの幼稚園のイベントが続きます。

ひとつ残念なのは、毎日のように遊んでもらっている仲良しの子供たち
と一緒の幼稚園に行かせてやれそうもないこと。
「お友達」二人が申し込もうとしている幼稚園は、我が家から歩いて20分ぐら
いのところにあって、送迎もないので、下の子がまだ小さい我が家には、毎
日の送り迎えの負担が大きいのです。

まだ3歳に満たないうちから、受験や別離を経験しなければならないないと
は、子供業も大変なものですね。こんな少子化時代なのに‥。
このページのトップへ
やっぱ、これからの時代は、blogですかねえ。
わりと早い時期から、日記形式BBSをはじめたこのコーナー
ですが、最近のblogの隆盛やその機能の便利さを見るにつけ、
時代遅れ感を感じずにはいられません。
うえはらさんとかトモさんとか、ワイン関係者?のblogを拝見
すると、やっぱこれからはblogかなあ、とか思ってしまいます。
(子育ての話とか、アニメや漫画の話も別カテゴリで展開できる
 し…(^^;)
といいつつ、このBBSの年会費、先日払い込んだばかりなんだ
よなあ、とか、ここを通常のBBSに戻して、これとは別に自分
のblogを立ち上げるという手もあるよなあとか、そこそこ悩んで
いる今日このごろです。 このページのトップへ
祝イチロー262安打&首位打者。

いろいろ賞賛の声が聞こえる中で、「日本人(アジア人)の誇りだ」
みたいな言い方をする人がいますが、それってなんだか片腹痛い感じ
がします。日本人だ黄色人種だというレベルでなく、彼は宇宙人です
ね。完全に我々の想像の範囲を越えてます。

そもそも私が子供のころのヒーローは星飛雄馬でしたが、彼の投げる
魔球は「大リーグボール○号」と名づけられていました。
「侍ジャイアンツ」(アニメ版)の最終回は、番場伴が大リーグから
やってきた外人選手に、持ち球のすべてを打たれてしまい、最後に
奥の手の魔球を繰り出して三振を奪うというエンディングでした。
ことほどさように漫画やアニメの世界ですら、大リーグというのは、
かけはなれた強者の世界として描かれていたわけで、そこででぶっち
ぎりの首位打者を獲得する選手が出てくるなんて、当時は漫画でも
考えられなかったでしょう。

ちなみに、「侍ジャイアンツ」の原作で、主人公の番場伴は優勝を
かけた中日3連戦で、「分身魔球」を投げすぎた挙句、マウンド上で
心臓麻痺で命を落とすのですが、こういうストーリーも、なんだか
隔世の感がありますね。(今だったら、過労死とか言われそうです。)
果たして子供たちは、NPBの将来に「夢」を見出すことができるので
しょうか?

ところで、記録更新したときに出てきたシスラーの娘さんですが、
誰かに似ているなあ、と思ってたところ、某所を見て思わず、それ
だ!と膝を打ちました。

「タイタニックに出てくるオバアチャン。」
このページのトップへ
もう10月なんですね。

一般にあまり知られていないかもしれないが、イタリアワインの
解説に関して非常に秀逸なサイトがあって、私はよく参考にさ
せていただいていた。

http://www.ilchiasso.com/vinotoscano.htm

今日、久しぶりにアクセスしてみたら、更新がずっと滞ったまま。
それ自体はこのHPの世界においては珍しいことではないのだが、
ふと気になって、プロフィール欄を覗いてみると、なんと作者の
土居昇用氏は2004年の3月に急性心不全で永眠されたとのこと。

驚いた。

まだ33歳という若さである。
ご尊父の書かれたご挨拶を読んで、思わず目頭が熱くなった。

ご冥福をお祈りします。 このページのトップへ

Information

shuz
  • Author: shuz


Search

Calendar

09月 « 2004年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。