S'sWine ひとりごと過去ログ

ワインサイト「S's Wine」のブログの過去ログです。 2006年5月までのエントリーをこちらに掲載しています。最新版は、【話飲徒然草】にて更新しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
会社の同僚から、「1974年のボルドーワインを探してくれ」といわれて、楽天で検索してみたのですが、安くて面白そうな銘柄はほとんど売り切れの一方、1級銘柄についてはずいぶん強気なプライスがついていますねぇ。ただ、凡年とはいえ、豊作だっただけあって、タマはまだまだあるようですね。ラトゥールやラフィットなどの相場は3.5K~4K前後というところでしょうか。ウメムラさんのムートン(30K)などはそこそこ魅力的かと思ったのですが、そんなに予算はかけらないとのこと。タイミングがよければ、5級クラスの銘柄が6K前後で買えたみたいですが、それらはすべて売り切れ。たしかに、その位の値段で熟成した格付けボルドーが買えるのなら、面白い買い物でしょう。結局、イマイチな感じはありますが、アーベンさんにあった「Ch.ラネッサン」に決定。お値段は8Kでした。

ついでに、一本あたりの送料を安くあげる意味もあって、来月の私用のデイリーもここで購入しました。

*ヴィーニャ・アルバリ・グラン・レゼルバ1998   1400(円)
*ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ2004
 (グロ・フレール・エ・スール 2300(円)
*コート・ド・デュ・ローヌ「レ・ドゥー・アルビオン」2005(サンコム) 1650(円)
*ヴァルポリチェッラ・クラシッコ・スペリオーレ2004(テデスキ) 1166(円)


このぐらいのプライスレンジで安定的に入手できる美味しいワインを探したいところです。
スポンサーサイト
このページのトップへ
"日本で最もコンディションの良い選りすぐりのワインをお届する"ショップからの品が届きました。
資格試験用に近所の酒屋でチョビチョビ買ってはいましたが、ネットで購入するのは久しぶりです。

ピアッツァーノ・キャンティー・クラシコ2004(1,800円)
イル・パラツィーノ・キャンティー・クラシコ・アルジェニーナ2003 2,850円
ドメーヌ・レオン・バラル・フォジュール2003 2,970円
デゾネ・ビセイ・ブルゴーニュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2004 3,168円

どのようなインポーターのボトルをを扱っているのだろうか、ということに一番興味があったのですが、今回送られてきた4本はすべてラシーヌとフィネスでした。あまりに大御所すぎて、参考になりませんね。
あちらの手違いで、ワインが送られてこないトラブルがありましたが、初回なので、まあ大目に見ましょう。
このページのトップへ
年が明けてなかなかコレだ、というワインにあたっていませんが、今年の方針として、大きく二つ考えていまして、ひとつは、シニアの資格受験のため、ここしばらく手を出していなかったようなものを含めて、手広くいろいろの品種を飲んでみようということ、もうひとつは飲むワインの価格帯を一年を通して平均2000円台前半に抑えようということです(家のセラーのストックを開ける場合は例外)。まあ最近高騰著しいブルから他地域に手を広げることによって、自然と価格帯は下がると思いますが、それを含めて今年はかなり厳密に予算管理をしてゆくつもりです。って、単価を減らした分飲む頻度が増えそうな気もしますが‥。(^^;

フェルトン・ロード ドライ・リースリング2006(2840円)
プイィ・フュメ・ラ・グラン・レゼルブ2004
         (アルフォンス・メロ)2390円
ロエロ・アルネイス2005
         (ブルーノジャコーザ)2580円
コンダド・デ・アサ2003 1850円
シノン・レ・シリス2002
      (ドメーヌ・レ・シェスネ) 2310円

最後のシノンだけは別の酒屋さんで購入。このところネットでの購入ばかりでしたが、少しずつ実店舗での購入も増やそうと思います。いろいろな面で「原点回帰」していこうかな、と。
このページのトップへ
国産ワインの品揃えが豊富なネットショップは楽天にも数店ありますが、私が利用してみた店舗は、ワインの保管状況に一抹の不安を感じたりとか、配送ミスにあったりとかで、正直良い印象がありませんでした。それでネットで検索して、「勝沼ワイナリーマーケット」というショップで購入してみました。

シャトーメルシャン甲州きいろ香  2,415円
中央葡萄酒 グレイス甲州 1,670円
丸藤葡萄酒 ルバイヤート甲州シュールリー 1,680円
イケダワイナリー 特別醸造セレクト 白 2,100円
蒼龍葡萄酒 甲斐ノワール  2,100円
金井醸造 キャネー甲州 万力村  1,500円

6本で11,465円也。

年内はあと泡モノ購入したら終わりでしょう。子供の生まれ年で買い捲った昨年に比べると今年はかなりワインの出費減らせたと思いますが、それと同時にワイン自体へのPASSIONが急激に薄らいできていることが危惧される今日この頃…。 このページのトップへ
2ヶ月ぶりにワインを買いました。

ジュヴレー シャンベルタン アン レニアール2002
(アラン・ビュルゲ)
※デイリーというにはやや高いですが、お安くなっていたので、つい。(4.2K)
 というか、元値が高すぎたんじゃあという気もしますが。

ブルゴーニュ オー コート ド ニュイ ルージュ2004
(ジャック・カシュー )
※ジャックカシューの04年です。この年から、ACブルとオーコートとに分かれたみたいです。このぐらいの価格(2240円)で美味しいブルを見つけたいところですね。

ジュブレシャンベルタン2004  
モレ サン ドニ2004            
(ジャッキー トルショ マルタン)
※ネット上で上で静かにブレイクしている作り手。バックビンテージを探したのですが、見あたらなかったので、とりあえず04年を注文してみました。近々一本飲んでみます。

一昨日から飲んでいるのはドイツの白。

ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウーア・カビネット2002
(フリッツ・ハーグ)
haag.jpg

ドイツワインはこうでなくちゃ、といいたくなるような、実に良好なリースリングです。爽やかなグリーンイエローの色調。
柑橘類や青リンゴ、白い花、ミネラルに加えて、ちょっとトリュフに近いようなニュアンスがあります。今までリースリングでこういうニュアンスは感じたことのなかったのですが、これはこれで実に心地よい香りです。
味わいは爽やかな酸と、充実した密度感のある果実味がバランスよくまとまっており、アルコール度8%にしては、酒質はしっかりしています。カビネットということもあって、甘すぎることもなく、それでいて単体で飲んでも楽しめるし、おまけに3日目まで美味しく飲めたりして、なかなか守備範囲の広い1本でした。【中吉】 このページのトップへ
このところ胃の調子がよくないせいか、夢見が悪く、昨晩も夜中に目が覚めてしまいました。暗がりの中、ふと横を見ると、なんと上の子がムックリと起きてこちらを見てるではないですか。どーしたの、と聞くと、「コワイ‥。隣の部屋に行って寝る‥。」
昨日上の子は風邪で発熱していたので、おそらくコワイ夢をみたかなにかでうなされたのでしょうけど、夜中の同じ時刻に二人して目が覚めるというのもなんだか不思議‥。
そう思うと、なんとなく部屋の中に重たい空気というか、気配のようなものがある気がしてきて、結局私も娘と一緒に隣の居間のじゅうたんの上で寝ることにしました。う~ん、なんだったんだろう?なんだか不気味な夜でした。もっともカミサンと下の子はいつもどおり爆睡してましたが。

さて、盆さんのBBSでのご発言につられて、私もドイツワインを6本ほど購入してみました。
 
ブラウネベルガー・ユッファーゾンネンウーア・カビネット[2002](フリッツ・ハーグ)

グーツ・リースリングQbAファインヘルプ[2004]
(フレッド・プリンツ)

リースリング・クラシックQ.b.A.[2002]
(ペーター・ヤコブ・キューン)

グラーヒャー・ドムプロプスト・カビネット[2003]
(ヴィリ・シェーファー)

エアデナー・トレピヒェン・リースリング・シュペートレーゼ・トロッケン[2001](カール・エルベス)

ブラウネベルガー・ユッファーゾンネンウーア・シュペートレーゼ[1996](ターニッシュ)

以上、メロウブーケにて。これだけ買っても1万円台半ばというのはイイですね~。
ワインエキスパート受験の時以来、お目にかかっていないような名前ばかりですが(笑)、このところもっぱら家で独り酒の身には、さして高額なワインなど必要ないし、食中よりもむしろ食後にかけてチーズなどと飲むことが多く、そもそもあまりアルコールに強くない私にとって、ドイツワインという選択は、結構いい落としどころなのかもしれません。到着したら、少し休ませて、初夏にかけて追々飲んでいこうと思います。 このページのトップへ
今日も渋谷まで歩いてみました。前回と違って少し早足で、寄り道もせずに歩いたところ、概ね40分でした、我が家から東急本店試飲カウンターまで。(笑)
今日の試飲アイテムはピエモンテ。1アイテムあたりの価格も比較的リーズナブルだったので、いろいろと飲んでみました。
piemonttasting.jpg

01年と若いのに結構飲みやすいじゃないの、と思ったら、前日の昼抜栓だそうです。やはりそのぐらい前に抜栓しておいたほうがよいのですねぇ。スピネッタのバルベラなどは本当によく開いていて飲みやすかったし、バローロたちも一日経過後でこれなら、抜栓直後はかなり険しかっただろうと想像します。
カミサンと子供たちが留守だったので、帰りに道玄坂の「パク森」で久しぶりに「パク森カレー」を食べました。麹町勤務だったころは、よく市ヶ谷のお店でこのカレーを食べたものです。帰路もそのまま三茶までウォーキング。心地よい酔い覚ましになりました。 このページのトップへ
年初に福袋やら特売やらで買いすぎたので、しばらく購入を控えていましたが、給料日ということもあり、湘南ワインセラーで久しぶりに買い物しました。

レ・クーポレ・ディ・トリノーロ2002
(テヌータ・ディ・トリノーロ) 3380(円
キャンティ・クラッシコ2003
(サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ) 2580(円)

たまっていたポイントを使ったので、支払いは3275円で済みました。
なんか得した気分。
このページのトップへ
このところ飲まずに買ってばかりいます。
今回はTODAの新春売り出しにて。連日の購入でやや無謀という認識はあるのですが、新年のセール品って、例年、後になって買っておけばよかったと後悔するものが多いので。

Ch.ラフィットロトシルト2002
Ch.レオヴィルラスカズ2002
この2本は上の子のビンテージ。最近97のボルドーを飲んでやはりボルドーはオフでも安定感があるなあ、と感心したので、買い増すことにしました。

ヴォーヌロマネ・レーニョ2003(リジェ・ベレール)
WA96点のウワサの銘柄。下の子のビンテージですし、前から気になっていたので、思い切って購入することにしました。

ジブリー1er・クローゾ 2002(フランソワ・ランプ)
シャンボール・ミュジィニ2002(アミオ・セルヴェル)
この2本はふだんの週末用です。フランソワ・ランプはこの地区でナンバーワンの作り手じゃないでしょうか。アミオ・セルヴィルの02年は以前アムルーズを飲んで感動したので、村名でもそこそこのレベルではないかと期待しています。 このページのトップへ
昨年来悩んでいたワインの評価方法の件ですが、【大吉】【中吉】…【大凶】というのにしようと思います。(本気。)
まあ評価尺度というよりは、飲んだときの私の幸せ度ということなんですが、これなら「ワインや作り手に対して失礼」なんて後ろ指さされないかと思いまして。なにせ長年人間様の運勢をランク付けしつづけてきた実績ある尺度ですからね。

正月は久しぶりにAlcoholic Armadilloで買い物。2割引セールでした。

バローロブッシア ヴィーニャ・ロッケ97
  (アルマンド・パルッソ)  6480(円)
バローロ96 (ジャンフランコ・アレッサンドリア) 5280(円)
バローロ・マルゲリア97  (ルイジ・ピラ) 6080(円)

バローロ・バルバレスコは個人的にもっとも興味のあるジャンルなんですが、 いかんせんプライスが高いのが障壁になっています。そんなこと言って、ブルゴーニュだって高価じゃないか、と責められそうですが、ブルゴーニュの場合、村名やACブルなどの逃げ道がありますし、飲みたければ周囲でワイン会などもよく開催されていますし。
その点、こちらは、同じ作り手のものでもバルベラやランゲ・ロッソなどは全く別物だと思ったほうがよいし、私の周囲ではバローロばかり並べたワイン会というのは滅多に聞かないし、頑張って購入しても飲み頃まで時間がかかるし、と、個人で楽しむにはアゲインストな要素が多いんですよねえ。なので、こういったセールなどで地道に探していくしかないかな、と思ってますが、2割引でもこのプライスですからね…。一生懸命仕事してもっと稼げる身分にならないと。 このページのトップへ

Information

shuz
  • Author: shuz


Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。